2005年12月17日

花より男子

花より男子」最終回でしたね
うーん・・感想としては、こう終わるしか
仕方ないのかな?という感じ
TOJのあたりは原作に忠実で面白かったけど
これが長かったので後半がいまいちでした
でもNYに行く事になった道明寺を追いかけて
気持ちを伝える〜キスする場面は良かったですね
(母は良い人になっていた・・でもありえん)

でも最後はみんなカップルにならなくても
良いんじゃないの?
西門は優紀に追いかけられてるし(コントみたいに)
おかみさんに振られた美作は桜子とデート
何より類と静が元にもどったのにはコケました
(これはダメでしょう・・ありえん)
でもなんとなく、みんなHAPPYで
後味は悪くなかったですけどね
そう言えばみのさんレイザーラモンHG
ほんの一瞬の出演でした
(HGはお茶出し&背広姿で←誰だかわからない)

本当に「流星」とは別物でした
同じ原作なので、どうかな?と興味があったけど・・
でもそれなりに楽しめました

明星.jpg

やっぱり流星が最高!!ですね
posted by テラヒロ at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。お久しぶりです。

ドラマ・・「ありえねっつーの!」
の内容多々でしたね〜。
でも、回を追うごとにはまっていく自分が〜。
我的には全然OKでした。楽しかったです。

かなり無理やりに?!カップル成立・・・。
これが最初に言っていた、原作にないオリジナルなのでしょうかね〜?
”See You Soon”←続編ari?
それはそれで、いろんな意味で面白そうですが(笑)。

で、ちっと気になったこと・・・プライベートジェットが小さいくないですか?
そ、それでニューヨーク???成田で乗り継ぎ決定〜(笑)

でも、やっぱり流星花園とは別物。
テラヒロさんと同様・・・・。
流星花園&F4が大好きだ〜〜〜〜〜〜〜。
Posted by arisa at 2005年12月17日 03:29
テラヒロさん、おはようございます。

「花男」結局テラヒロさん解説のみで、すっかり見た気分になったまま終了〜。
評判&視聴率よかったみたいですね!
再放送があったら見ようかな・・?

ところで、数日前の記事に今頃反応で「ごめんなさい!」ですけど。
ジェリー見たいな・・・キーホルダーはもしかして大好きなあの切な系のあの画像かな〜♪
Posted by MaMa at 2005年12月17日 08:52
我が家では、最後がどうなるのか?より、レイザーラモンHG登場シーンを今か今かと待ってました。
みのさんの秘書役?でお茶を出すシーンだと分かっていなかったら、あの背広姿の後ろ向きが誰だか分かんなかったですよね。
もちろん家族で大爆笑!でした。

arisaさんと同じく、息子が「あんなプロペラ機みたいなんでニューヨークまで行けんのか?」
「(つくしが)飛行機と同じ速さで走るなんてありえんし…」

「土星のペンダント」…このデザイン「あり」ですか?もう笑うしかないですわ(だははは〜)

類と静さん…テラヒロさん、この展開は想像すらしませんでしたわ!

ほんと最後まで「ありえないっつーの!」だらけでしたわ。
Posted by 花澤ため at 2005年12月17日 13:51
>ariさん お久しぶりです
ドラマ本当に「ありえねっつーの!」でした
でも原作好きには面白かったですね
あっ、そういえばプライベートジェットが小さいですね
(また再生して確認しました)
天下の道明寺家なのに・・きっとT○S的には借りられなかったのね
これじゃー本当に成田で乗り継ぎ決定です(笑)

>MaMaさん
適当な解説を読んでくれていたんですね
ありがとうございます
ドラマ単純に面白かったです
キーホルダーは普通なんですが、枠を買ったので、今度は切な系を入れようと思っています

>ためさん
HGはやはりあの格好では無理ですよね
でも飛び入りで撮影した割にはみのさんと同じくらい映っていた気がします
「土星のペンダント」も流星のデザインと比べ物にならないし・・
それよりも類と静の展開はありえんですよね
(これ仔迷のtameさんに1番聞きたかった)
本当に「ありえないっつーの!」でした
Posted by テラヒロ at 2005年12月18日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10743966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。