2005年11月12日

花より男子

昨夜の「花より男子
道明寺は原作どおり可愛くなってきました
美作や西門もそれなりに・・
(阿部君イケメンですがアゴが気になる私)

ところで空港での林檎の意味が判明しましたが
あの回想部分これありですか?
(道明寺のハクション違う・・フィクション入り)

(部屋で林檎をすりおろしている類を見て)
 道明寺シャカシャカすってんじゃねえよー
   お釈迦様になるよ・・・

 大丈夫、うちはクリスチャンだから
 西門司、林檎はアップルティで充分さー
 道明寺総二郎・・何でもお茶にするなよ
 美作いいじゃないかー司
   さあ、総二郎チャチャ♪でも踊ろか

 西門言っとくけど僕は加藤茶とは関係ないからね
(西門&美作踊り出す)
 道明寺林檎はこうやって食べるんだ
    歯槽膿漏になったかもいち早くわかるんだ
」 
(林檎をかじる道明寺)
 僕には加山雄三みたいな真似できないよ

このシーン寒い〜
でも昭和の臭いがして・・なつかしい気もしましたが
(最後の加山雄三って?歯磨きのCM出てましたっけ)

その後
どうしてもすり林檎を食べる類の食べ方が気に入らなくて
すり下ろした林檎を食べ続けると
若ハゲになるって

と嘘ついたら類は大好物の林檎を食べなくなった
だから類には借りがある

なんて・・・
だから空港で林檎が出てきたんですね
でも原作のまま、テディベアの取り合いで良かったんでは?
どうしても林檎出したかったのかな
(「不揃いの林檎」=TBSだし・・)
9回しか放送ないんだから、
こんなシーンもったいないですよね・・・
でもなんか突っ込みどころ満載で違う意味で楽しんでます

さて今日はkenちゃんですね・・画像楽しみわーい(嬉しい顔)





posted by テラヒロ at 07:21| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「花男」笑わせていただきました。

あのリンゴにはこんな秘話?が隠されていたのね(爆)…ひゅ〜〜〜さぶ〜〜〜!
…そしてテラヒロさん、道明寺のハクション…こちらも少々さぶかった(笑)
我、不覚?にも「加山雄三〜」のとこで声出して笑ってしまいました。

初回から類の喋り方、誰かに似てない???
昨日やっと気付きました。
 「大丈夫、うちクリスチャンだから、ベイビィ〜」
 「僕には加山雄三みたいな真似できないよ、ベイビィ〜」

…花輪くんみたい(こっちもお金持ちのおぼっちゃま)
仔仔は声低いからあの喋り方も我のイメージする類そのものだったけど…

あと昨日の道明寺というかマツジュンのセリフとか聞いてたら「沢田〜」って声かけたくなってしまいました。

Posted by 花澤ため at 2005年11月12日 08:56
え?加山雄三?加藤茶?今は昭和?こんな笑えるドラマに仕上がっているんっすか? それは見なくちゃ!(^^)
え?ハクション(もとい)フィクションですか?(TBS版を見ていないので ごめんなさい)コメディなら見なくちゃ!(←え?ちがいます?)また おもしろシーン教えてくださいませ〜☆
Posted by はふ at 2005年11月12日 09:56
我も昨夜は「花男」楽しみました〜。
林檎のシーン寒かった…けどおもしろかった!
ほんと、昭和の匂いが…。
団子屋の女将さんの妄想も、今回のは気合入っていましたねー。
我的つぼナンバーワンは、我修院達也。エレベーターのシーンで出てきましたね。爆笑でした。

次回もたのしみですね。
Posted by つじこ at 2005年11月12日 13:02
>ためさーん
類の話し方・・そうそう
なんか奥歯に物がつまった様な話し方なんですよね
(きっとトーンを押さえているんだろうけど)
花輪君に似てるかも
これから「ベイビィ〜」が浮かんできそうです
それにしても類=仔仔は完璧

>はふさん
そうなんですよー
もう「流星」とは別物すぎて・・
コメディみたいです
是非見てくださいませ

>つじこさん
私も我修院達也だー!!と思っていました
この人は達者ですよね・・・
ひろみGOのものまねの時は
たいした人でなかったのに・・

Posted by テラヒロ at 2005年11月13日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9240888
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。